本文へスキップ

Miyagi First Senior High School

サイトマップ

The Most Brilliant Senior High School-宮城一高は生徒一人ひとりが輝く高等学校をめざしています-


宮城第一高等学校のホームページへようこそ。
 いつの時代も宮城県の高校教育界をリードしてきた本校は,これまでの歴史と伝統と実績を礎として男女共学の高校に生まれ変わりました。これまで以上に生徒一人ひとりが輝く学校をめざします。
 また,地域,日本,世界で活躍できる幅広く豊かな教養があるジェネラリスト,そして将来様々な分野に貢献できるスペシャリストとして期待される人間づくりに職員も生徒も共に日々取り組んでいます。これからも本校の最新の話題を発信してまいりますのでご期待ください。

新着情報news

        
2017年3月24日
                  
進路通信「cosmo」第10号が発行されました。
        
2017年3月22日
                  
「理数科通信」第8号が発行されました。
        
2017年3月21日
バレーボール部のページを更新しました。
2017年3月13日
理数科「宮城県高等学校理数科課題研究発表会」についてアップしました。
        
2017年2月28日
「理数科通信」第7号が発行されました。
2017年2月13日
合唱部のページを更新しました。
   

お知らせtopics

1、2年次理数科「課題研究ガイダンス&ポスターセッション」開催

3月17日(金)、1年次理数科を対象にした「課題研究ガイダンス」を行いました。2年次から始まる「課題研究」についての説明を聞き研究分野を決定する第一歩です。
また6校時には、2年次生が自分たちの研究成果をポスターを用いて班ごとに発表しました。1年次生は興味・関心のある分野を自由に選び、理数科の“先輩”の発表を熱心に聞き自分の参考にしていました。
なお、2年次生の研究発表ポスターは理科講義室前に掲示してあります。
ガイダンスとポスター発表の様子についてはこちらもごらんください。


後期選抜合格発表

3月16日(木)15時、平成29年度後期選抜入試の合格発表が行われました。青空のもと普通科140名・理数科48名の合格者の受験番号が15時ちょうどに掲示されました。
前期・後期合わせて280名の新入生が晴れて宮一の門をくぐる入学式は4月7日(金)午後1時から行われます。


「飛翔型 科学者の卵 養成講座」で受賞!

東北大学主催の「飛翔型 科学者の卵 養成講座」を受講している本校理数科1年次生徒4名が3月11日(土)に東北大学工学部中央棟・カタールサイエンスキャンパスコースで研究発表を行いました。
他校の高校生と共同で継続してきた研究の成果を発表したもので、以下の生徒が表彰されました。
○研究発展コース 最優秀賞 1年 熊倉凜奈
○研究発展コース  優秀賞 1年 高澤瑞希
○研究発展コース  優秀賞 1年 櫨 聖奈
○基礎コース    優秀賞 1年 松浦 碧

なお、発表会の様子についてはこちら(外部リンク)からご覧ください。


理数科「宮城県理数科高校課題研究発表会」開催

3月3日(金)、仙台市民会館を会場に県内の理数科および災害科学科設置の4校による「課題研究発表会」が開催されました。
各校で取り組んできた「課題研究」の学習成果を発表することによって、理科や数学の知識・理解を深めるとともに研究発表を行う能力と態度を養い、生徒間交流の機会とする発表会です。
本校からは2月14日の校内発表会を経て選抜された物理・生物各分野の2班が代表としてすぐれた発表を行いました。
また、理数委員は司会・進行を担当しました。
1年間研究を継続してきた2年生はもちろん、1年生にとっても他校の生徒の発表を聞くことで大いに刺激を受け、来年度の課題研究への意欲も高まった研究発表会でした。
3月17日(金)には1年生対象の「課題研究ガイダンス」、および2年生による「ポスターセッション」も校内で行われます。
【発表班および発表題目】
○物理班『ミルククラウンが出来る条件をミリンで探る〜高さ,粘度に着目して〜』
   酎ス野悠  阿部万葉  越川枝里子  横濱 響
○生物班『Stylactaria multigranosiの単為生殖機構の解析』
   森屋理子  細川佑奈  堀 礼佳  樅山美月
発表会の「栞」についてはこちらもごらんください(PDFファイル)。


第69回卒業式

3月1日(水)に第69回卒業式が行われました。ここ数年にはない晴れやかな青空のもと、276名の卒業生は3年間多くの思い出をつくった学び舎から笑顔で旅立っていきました。
華やかな中にも厳かな雰囲気の式でしたが、“第2部”では恒例のコーナーもあり卒業生にとっては一生の思い出に残る卒業式となりました。


同窓会入会式を行いました。

2月15日(水)に同窓会入会式が行われました。卒業式を前に伝統ある本校の同窓会の一員となった3年生には、同窓会長より歓迎の言葉が送られ記念品が贈呈されました。
クラス幹事も決まり、代表生徒のあいさつもありました。なお、第69回卒業式は3月1日(水)に行われます。


2年次理数科「課題研究発表会」開催

2月14日(火)、2年次理数科の「課題研究発表会」が開催され、4月以降取り組んできた研究の成果について19班がそれぞれ発表を行いました。
講師としてお招きした宮城教育大学理科教育講座 教授・出口竜作先生にご講評とご助言をいただき、発表生徒にとっても大いに励みになりました。
なお、代表の2班は3月3日(金)に行われる「宮城県理数科高校4校合同課題研究発表会」(仙台市民会館)においても発表を行います。
発表会の様子についてはこちらもごらんください。


前期選抜合格発表

2月9日(木)16時、平成29年度前期選抜入試の合格発表が行われました。普通科60名・理数科32名の合格者の受験番号が16時ちょうどに掲示されると大きな歓声がわきあがりました。
後期選抜の出願は2月21日〜24日まで、試験は3月8日(水)に行われます。


英国ロンドンにあるシティ・オブ・ロンドン・フリーメンズスクール(City of London Freemen’s School)と姉妹校締結しました。

昨年12月に庄子校長と島倉教諭が渡英し,12月6日(火)にローランド・マーチン校長先生を始め,多くの先生方と生徒の皆さんの大歓迎を受けて,姉妹校議定書を交わしました。
姉妹校締結の様子についてはこちらもごらんください。


1年次理数科LHR「プロフェッショナルトーク@理数科」を行いました。

1月19日(木)5校時、1年次理数科を対象としたLHR企画「プロフェッショナルトーク@理数科」を行いました。理数科独自の行事で、自然科学の分野の研究を現在の仕事に活かし“プロ”として大きく社会に貢献している職業人の方をお招きして、仕事のやりがいや苦労、今後の夢などをお聞きすることで、視野を広げ職業観をもちながら自己の進路選択について考えるためのものです。
今回は@仙台市都市整備局、A大塚製薬梶ABNTTドコモ東北支社、C仙台うみの杜水族館、に勤務されている方をお招きして、生徒の質問もまじえた「トーク」をしていただきました。
参加した理数科生徒には自分の生き方を考えるうえで大いに参考になったようです。
LHRの様子についてはこちらもごらんください。


2年次「理数科講演会」を行いました。

12月6日(火)、2年次理数科を対象とした「理数科講演会」を行いました。今回は東北大学大学院情報工学科 准教授の伊藤健洋先生をお招きして、アルゴリズムの面白さについてわかりやすく講義していただきました。
理数科生徒の数学への関心もより高まったようです。
講演会の様子についてはこちらもごらんください。


祝 「全国高等学校文芸コンクール」短歌部門 優秀賞・読売新聞社賞 受賞!

高校生の文芸の最高峰とされる「第31回全国高等学校文芸コンクール」短歌部門で3年普通科曵地香奏(ひきち かのん)さんが、見事優秀賞・読売新聞社賞を受賞しました。
文学部に所属している曳地さんは、福祉施設での事件を知り胸が押しつぶされそうになる思いを抱き、突然の悲しい出来事を印象に残った真っ白な献花台に託して詠んだ短歌が受賞作品となりました。
曵地さんのインタビュー記事は12月5日の「読売新聞」紙上でも大きく報じられ、10日には東京で授賞式が行われました。
受賞作品等についてはこちら(外部リンク)もご覧ください。


2年次「研修旅行」を行いました。

11月29日(火)〜12月2日(金)の4日間にわたり、2年次の研修旅行が行われました。
関西を中心に、京都大学での講義を受けたり研究所や文化施設などを訪問・見学したりすることで視野を広げ進路意識を高める本校恒例の研修です。
また現在京都大学で学んでいる本校の卒業生の先輩も大学での充実した日々について貴重なお話をしてくれました。
個性あふれる研修コースも自主的に設定しながら、2年次生徒は多くの貴重な体験を重ねてきたようです。


1年次理数科LHR「ミヤイチ☆キャンパスT」を行いました。

11月17日(木)、LHRの時間を利用して1年次理数科の「ミヤイチ☆キャンパスT」を行いました。東北大学の〈サイエンス・エンジェル〉の皆さんをお招きして、大学における生活や研究の様子を楽しくお聞きしました。理数科1年生は「大学」をより身近に感じ、受験への意欲も高くなったようです。
LHRの様子についてはこちらもごらんください。


台湾(台南)訪日教育旅行視察団 来校!

11月30日(水)、宮城県の教育旅行誘致促進事業の一環として台湾・台南市からの視察団の皆さんが本校を訪問しました。
昨年に台南一中の生徒の皆さんが本校を訪問して生徒と交流したご縁もあり、訪問団代表の郭理事長をはじめ台南市高級中学校の校長先生の皆様方をお迎えして本校の教育活動の紹介や校舎のご案内をいたしました。 本校と台湾・台南市との国際交流は今後も積極的に深めていきます。
また、今回の訪問の模様は東日本放送(KHB)で12月末に放送予定とのことです。こちらもぜひご覧ください。


バックナンバーについて

過去に掲載した記事のバックナンバーについてはこちらをごらんください。


放課後英会話の時間「English Cafe」

文部科学省の英語教育強化地域拠点事業の指定を受け、宮城教育大学と連携を深めることになりました。その一環として、同大学の外国人教育研修生4人(英語圏以外の出身者で、自国では中学〜高校の英語教師として従事)をお招きして、毎週定期的に(文化やスポーツや歴史などのテーマを決めて)英会話を行う機会を設けています。
英語は、グローバルな環境のもとで非ネイティブ同士のコミュニケーションをはかるツールとして今後ますます重要性を増すことになります。本校では、communication、contribution、cosmopolitanを掲げ、真の国際人として活躍できる人材の育成に努めてまいります。
English Cafeの様子はこちらからご覧ください(PDFファイル)


------>

緊急時の連絡

在校生への緊急連絡は、登録された
メールへお送りすることになっていますが、こちらをクリックすることでもご覧いただけます。     

宮城県宮城第一高等学校

〒980-0871
宮城県仙台市青葉区八幡1-6-2

TEL 022-227-3211
FAX 022-227-3213
mail


since 2015.4.22